大人ニキビのスキンケアが人気!刺激に弱い肌でもOKのおすすめ3選

大人ニキビのスキンケアが人気!その理由を解説

肌のトラブルはニキビや乾燥肌、老化など女性の頭を常に悩める問題が色々あります。近年大人ニキビで困っている方が増えているようですが、食生活やストレスの多い生活も要因にプラスされています。なぜ大人ニキビのケアが大切なのか、知っておきたい理由について見ていきましょう。

大人ニキビのスキンケアが人気があるのはなぜ?

大人ニキビのスキンケアがとても話題になりますが、ニキビは思春期だけでなく大人になってからの方がとてもケアが厄介で正しくお手入れしないといけません。普通の化粧品ではできない殺菌や保湿効果が優れた大人ニキビ用のスキンケアは、普段から使えるタイプも多く機能性が充実している点も魅力です。

大人ニキビは皮脂バランスが悪いサイン!

大人ニキビは特になにもしない、という人もなかにはいますよね。ニキビは皮脂バランスが不安定で毛穴に古い角質などとつまり、菌の繁殖原因になってしまいます。ニキビはもちろん問題なのですが、できやすい肌環境であることを深刻に受け止めないといけません

皮脂バランスが悪いと乾燥しやすい可能性もあり、老化が加速する原因にもなりますよ。

 

大人ニキビに良いスキンケアで肌を強化しよう

大人ニキビのスキンケアには専用の化粧品を使うのが一番効果的です。自分の肌に合わせて毎日使えるものを選ぶことが最初のステップになりますよ。

大人ニキビのスキンケアに適した化粧品選び3つのチェック!

大人ニキビを治すには食生活や生活習慣など、色々な角度から見直して肌によい生活をすることが大切です。そして直接的に効果をもたらす毎日のスキンケアが何よりも大切なポイント。ニキビを作らない肌にする為にはこんな点を意識してスキンケア商品を選びましょう。

大人ニキビのスキンケアに適したものは

  • 高い保湿効果
  • バリア機能を守る
  • 大人ニキビ用化粧品を選ぶ

以上3つの点について詳しく見ていきましょう。

大人ニキビに適したスキンケアは皮脂バランスを整える保湿が命

大人ニキビは皮脂のバランスを整えることがとても大切です。メイクや紫外線、ストレス、睡眠不足、栄養不足など、体内に与えるダメージも大人ニキビができやすい要因になりますので、皮脂分泌を整える為には保湿が大切です。

大人ニキビができる年齢になると徐々に肌の細胞の働きも劣ろえ、美肌成分も減少しはじめてしまいます。薬をつけて簡単に治った10代の頃よりも原因は複雑であることを理解しておきましょう。

洗顔のやりすぎ、刺激の強い基礎化粧品なども肌の乾燥原因になり、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。もともとオイリータイプの肌もニキビができやすい環境がありますので、保湿で水分をたっぷり与えることでニキビ原因を根本から断ち切ることができます

敏感肌や乾燥肌を改善するためのバリア機能を強化する

大人ニキビは生理前など肌が敏感な時期になるとできやすいですよね。年齢とともに肌を守るバリア機能が徐々に弱くなり、紫外線や外部からの細菌により肌がダメージを受けやすくなってしまいます。またターンオーバーを活性化することも大人ニキビ対策に欠かせませんので、スキンケアでは肌を丈夫にするビタミンやミネラルなど、栄養バランスよく与えるとよいでしょう。

色々なスキンケア商品があるので、どれにすべきか選ぶのがとても大変です。初めて使うものはトライアル商品でまずはチェックしましょう。とてもお得な値段で販売されているものが増えていますので、気になる化粧品をチェックするよいチャンスですね。
思春期ニキビと大人ニキビは同じ化粧品ではダメ

ニキビ用ならどれを使っても同じ、ということではありません。10代の時に使っていたニキビ用コスメを30代になってから使っても思ったほど結果がでないだけでなく、肌に負担になってしまいます。

思春期のニキビは皮脂を抑えることがメインになりますので、バリア機能が低下する恐れがあります。あくまでも大人ニキビは、大人の肌環境にあった専用の化粧品を使うこと。アルコールや強い殺菌成分が配合されたものよりも、毎日のスキンケアとして続けられるような肌にデリケートなニキビ化粧品が安心ですよ。

何歳になっても素肌が自慢の肌は、まずニキビを作らない肌環境にすることがコツなのです。

 

大人ニキビ用スキンケアの人気ランキング

大人ニキビのスキンケアで効果がある方法がわからないという人も多いことでしょう。毎日のお手入れが予防と改善になによりも有効的になります。

当サイトでは毎日のお手入れとして、敏感肌の人でも使える人気の大人ニキビ用スキンケア商品を厳選してランキングにしました。

ルナメアAC

  • 独自成分アクネシューター配合で根本からニキビをブロック
  • 天然ハーブのうるおい成分配合
  • 1週間お手入れキットはたっぷり14回分
  • 角質層にしっかり届くナノ化テクノロジー応用
  • フェイスラインやあごニキビに効果抜群
価格 1週間お手入れキット1,080円(税込み)初回限定
備考 送料無料・泡立てネットプレゼント

富士フィルムの独自の技術で開発された大人ニキビ専用の化粧品シリーズ。ナノ化された成分で毛穴の奥のニキビ菌に直接アプローチ。植物由来のモイスト成分で肌に優しく乾燥から守ってくれます。

このシリーズには人気のクレンジングや洗顔料があり、植物繊維で毛穴の汚れを綺麗にとるファイバースクラブがとても話題になっています。

公式ページへ

詳細ページへ

オルビス薬用クリア

  • 100%オイルカット
  • ストレスニキビに効果あり
  • 紫根エキスでバリア機能アップ
  • 甘草エキスで肌荒れ予防
  • モニターで90%が効果を実感
価格 薬用トライアルセット1,200円(税込み1,296円)おひとり様1点限り
備考 送料無料・最短翌日配送・30日以内返品と交換OK

女性のホルモンの周期に合わせたバリア機能強化で、ニキビや肌荒れを予防する大人ニキビ専用のスキンケア。天然由来成分を配合し敏感肌でも使いやすい低刺激が魅力です。

肌の力が低下するニキビ肌を丈夫にする為のオイルカットや、浸透型コラーゲンなどダメージに負けない肌作りに大変効果的。生理前に起こりやすい肌のトラブル改善を始めたとした大人のニキビケアです。

公式ページへ

詳細ページへ

ビーグレン

  • リピート率98.5%の驚きの実感
  • エル・ジャポン誌で洗顔料が紹介
  • 独自浸透技術キューソームでトラブルを根本から改善
  • 高濃度ピュアビタミンC配合
  • 皮脂を吸着させる天然クレイ配合の洗顔料
価格 ニキビケアトライアルセット7日分1800円(税抜き)
備考 365日返金保証・送料無料・代引手数料無料

スキンケアで有名なドクターケラー氏が発案したニキビケアプログラム。ニキビ原因となる角質層の奥から保湿ケアをするために考案された独自のキューソーム技術が話題に。

敏感肌の方、長年ニキビ肌の方、あきらめていた大人ニキビの改善効果が期待できるスキンケア化粧品です。一年間の返金保証があるので初めての利用者も安心して購入できます。

公式ページへ

詳細ページへ

大人ニキビのスキンケアで「よくある質問」

大人ニキビのスキンケアでよくある質問について、Q&A形式でご紹介しています。疑問を解決するための関連情報もありますので、ぜひ参考にしてください。

30代なのにいまだに大人ニキビができます。これって何歳まで続くのでしょうか。

30代前半のOLです。思春期の頃からニキビができやすく、20代でも大人ニキビに悩まされていました。現在30代ですがいまだに大人ニキビができます。年をとってもニキビってずっとできるのですか。

大人ニキビができるとがっかりしますよね。10代の頃なら仕方ないと思えるニキビも年齢とともに恥ずかしくなってしまいます。

大人ニキビは思春期とは違い原因が色々増えるためとても複雑です。一番の原因になる皮脂の分泌量ですが、女性は55歳ぐらいになるとホルモンの減少により皮脂分泌量が急激に減り大人ニキビも少なくなります。食生活やストレスも影響するので正しいスキンケアで予防が大切です。

大人ニキビと年齢の関係!ニキビ対策はいつまでも続けよう

大人ニキビは20代がメインになるイメージがありますが、30代~40代、50代になっても大人ニキビはできます。特に30代は皮脂線の働きも活発ですし、生活習慣の影響も受けやすい年齢。正しいスキンケアでニキビ予防を心がけましょう。では早速ですが大人ニキビと年齢の関係について見ていきたいと思います。

大人ニキビがいつまでもできる理由について

大人ニキビは30代になってもできるという方は意外と多いですよね。思春期のニキビと違い大人になると皮膚の構造も変化しますし、ホルモンの働き、皮脂の分泌量等も変わってきます。20代以降になるとホルモンバランスの崩れによりアクネ菌が繁殖しやすい環境があることを理解しないといけません。

ホルモンバランスの崩れは睡眠不足や食生活、ストレス、また生理前などに起こりやすいため大人ニキビができやすい環境をしっかり理解しておくとよいでしょう。

 

大人ニキビは年齢で油断しないことが大切

ニキビは若い時だけ、と油断をするのが一番危険。20代はもちろん、30代以降も大人ニキビで悩む方はとても多いですよ。女性ホルモンが減少する50代以降になると皮脂の分泌量が減るため大人ニキビができることは減ります

しかし肌環境は個人差がありますし、加齢とともに肌の回復力が衰えてしまうため、小さな目立たないニキビもしっかり跡が残ってしまうことにもなりかねません。

また最近は温暖化が問題になっていますので、汗をかくことも多く室内の温度が安定していると皮脂分泌の働きも活発になってしまいます。大人ニキビはできなくなる年齢は正確にはありませんので油断しないことが大切ですよ。

大人ニキビは年齢に合ったスキンケアで予防しよう

大人ニキビは毎日のスキンケアが予防に欠かせません。年齢ごとに肌に合った保湿をすることが何よりも大切。30代以降になると肌の老化も気になりますので、保湿はアンチエイジングとしても必ず意識しましょう。ニキビ専用の化粧品は保湿効果が高く肌に刺激の少ないものを選ぶといいですよ。

ニキビ用のコスメを使っても大人ニキビができ、どんな基礎化粧品を使えばいいのか困っています。

現在30歳でニキビ用コスメを使っています。生理前になるとあごの部分に大人ニキビができるのですが、ニキビ用の化粧品で効き目がない時ほかに何を使ったらいいのでしょうか。

ニキビ用の化粧品は色々なタイプ別に分かれていますので、自分のニキビ原因をまずは把握してから化粧品を選ばないといけません。ニキビ用だからといってもすべての肌に合うわけではありませんし、間違ったものだと逆に大人ニキビができやすくなる場合もあります。

30代はストレスや食生活などが大人ニキビの原因になりやすく、生理前のホルモンの不安定な時期は特に保湿ケアが大切です。まず人気のニキビ用化粧品のサンプルでトライしてはどうでしょうか。

⇒目次に戻る

 

大人ニキビは化粧水が勝負!ニキビを作らない基本ケア

大人ニキビは正しくケアしないといつまでも跡に残ってしまいますよね。ニキビの外用薬が手放せない方も多いと思いますが、ニキビは治すよりも予防が大切。そこで基礎的な大人ニキビのスキンケア方法について見ていきたいと思います。

大人ニキビの予防効果が高い化粧水の選び方

大人ニキビは化粧水で治せるといわれるほど、基礎化粧品のなかではとても大切な役割を持っています。大人ニキビは皮脂の分泌やホルモンの働きが影響しますので、水分をしっかり補いしっとり肌を維持することが大切です。

大人ニキビの予防効果が高いのはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの美肌成分だけでなく、浸透性が高いビタミンC誘導体や抗酸化作用のあるビタミンEなども効果的です。殺菌や美白などのプラス効果も必要ですが、まずは保湿を重視して化粧水を選びましょう。

生理前のお肌のお手入れのポイントについて

生理前になると女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌され、皮脂線の働きが不安定になるので大人ニキビができやすくなります。顎や首などいつもとは違った部分にできることもよくありますよね。

生理前のお肌は大変乾燥しやすく敏感なので、お手入れで注意したいのは刺激を与えないこと。この時期だけ別の化粧品を使うと肌に馴染まない原因になりますので、できればいつもと同じ化粧品を使ってください。

化粧水はいつもよりも多めにつける、首など広範囲にわたり保湿をするなどちょっとした生理前のプラスのスキンケアが大人ニキビ予防に効果を発揮しますよ。

肌環境が安定する生活習慣にも注意しよう

大人ニキビを予防するには毎日のスキンケアが一番大切ですが、化粧品の効果を発揮するには血行を良くする、肌に良いビタミンを摂取する、ストレスをためないなど生活のなかでもいくつか注意したい点があります。

年齢とともに肌細胞の働きが劣り、ターンオーバーの周期も乱れてしまいますので、化粧水や乳液などの基礎化粧品が何よりも肌を元気にする存在なのです。

10代の頃のニキビ跡がいまだにあります。どうやったら消せるのでしょうか。

30代でいまだに思春期のニキビ跡が残っています。コンシーラーを使って目立たないようにしているのですが、ニキビ跡を綺麗にする方法ってありませんか。

ニキビ跡のケアは皆さん苦労されていますよね。ニキビ跡も違うタイプがありますので、それぞれに合わせたケアをすることが大切です。

どんなニキビ跡にも共通するのがターンオーバーを活性化すること。そのためには保湿ケアが大切になります。ニキビ専用の化粧品のなかにはアルコール成分が強いタイプもありますので、できるだけ肌に優しいタイプを選ぶこと。また美白ケアもプラスして色素沈着したニキビ跡をケアすることも大切ですね。

ニキビ跡は種類に合わせて正しいケアをしよう

ニキビ跡はクレーター状に肌がデコボコになるタイプや、赤みが残るタイプなど色々あります。何をやっても消えない厄介なニキビ跡は、それぞれの特徴を理解してお手入れすることがポイントになります。早速ですが種類ごとのニキビ跡の正しい対策方法についてご説明したいと思います。

赤いニキビ跡は炎症を抑えるケアが大切

ニキビ跡がいつまでも赤く残っているのはとても恥ずかしいことですよね。赤くなるのは炎症を起こしているサインでニキビの周辺でうっ血している状態。このタイプのニキビ跡を治すにはビタミンCが配合された美容液や化粧水を使うと効果的です。

ニキビ専用の化粧品を使う場合は抗炎症作用があるタイプがオススメ。洗顔やスキンケアの際は摩擦の刺激を防ぐためにできるだけデリケートにしてくださいね。

無理なケアをすると炎症が悪化する可能性があります。指で触るなど、雑菌を寄せ付けないように注意しましょう。

色素沈着したニキビ跡は美白成分をプラスしよう

ニキビができた後に紫外線対策をしっかりやっておかないと、茶色のシミのようなニキビ跡になってしまいます。このタイプはメラニンの働きが原因で頬やあごに多くできることが特徴です。ニキビ跡を消すにはビタミンC誘導体などの浸透性が良い美白成分を使うとよいでしょう。

ハイドロキノンも美白の効果が高いのですが、肌に刺激が強い場合もありますので敏感肌の方は注意してください。また日頃から紫外線対策を忘れず、ニキビ跡がさらに濃くならないように注意してくださいね。

クレーター状のニキビ跡は保湿ケアとピーリング

無理やりニキビをつぶすと、角質層の奥まで傷が残り皮膚の表面がクレーター状になってしまいます。このニキビ跡を完全に消すのは大変難しく美容外科などでケミカルピーリングを受けると効果的です。市販で購入できるピーリング剤もありますので、普段のスキンケアにプラスしてもよいでしょう。

またクレーターのニキビ跡はターンオーバーを高めるための保湿も欠かせません。時間はかかりますがあきらめず毎日のケアを続けてくださいね。

 

 

⇒目次に戻る

 

コメントは受け付けていません。