大人ニキビのスキンケアに人気の成分は?特徴を解説!

大人ニキビは多くの人が抱える肌トラブルのひとつですが、ニキビ化粧品に配合される成分の種類によって期待できる効果が違います。自分のニキビにはどんな成分が必要なのか、ニキビに特化したものをいくつか見ていきましょう。

ビタミンC誘導体

美肌のためにはビタミンCは絶対に外せない成分ですよね。食事で摂取する果物や野菜のビタミンCだけでは物足りず、肌にダイレクトに与える化粧品成分としてもニキビケアにプラスしたいものです。

ビタミンC誘導体は抗酸化作用や美白作用があり、通常のビタミンCよりも浸透性が高いメリットがあります。主に色素沈着を予防する働きが有名で、炎症によるニキビのシミ化を予防する時にも効果的です。

そもそもニキビが炎症を起こすのは毛穴に詰まった皮脂や古い角質をエサとしてアクネ菌が増殖するため。抗酸化作用の高いビタミンC誘導体は抗炎症作用がありますので、症状の悪化を予防できることも嬉しいですね。

サリチル酸

顔だけでなく背中や胸にできるニキビ対策としても使用されるサリチル酸は、角質層を溶かす働きがあり硬化した表面を柔軟にする役割があります。
角栓ができた時は洗顔だけで綺麗に除去するのは不可能ですが、サリチル酸なら毛穴を広げて汚れを出やすくするのでニキビのでき始めにも大変メリットです。

さらにサリチル酸はケミカルピーリングでも使用されていますよね。ターンオーバーが不安定な年齢肌にできる大人ニキビを、刺激をプラスして改善する効果も抜群。しかし敏感肌の場合は刺激が強すぎる為、ニキビを増やしてしまう可能性もありますのでご注意くださいね。大人ニキビ化粧品で無添加で刺激の少ないタイプを選ぶと安心ですよ。

トコフェロール

ビタミンEとも呼ばれるトコフェロールは大人ニキビ用のスキンケアでよく使用される成分のひとつ。体内に活性酸素が多いとニキビが悪化しやすいため、トコフェロールの抗酸化作用の働きが大変役に立ってくれます。

活性酸素を取り除くものはビタミンCやリコピンなども有名ですが、活性酸素は種類が多く抗酸化作用のある成分がすべて同じ効き目を発揮できるとは限りません。

トコフェロールはなかでもニキビの炎症や肌の老化を促進させるヒドロキシルラジカルという物質を除去する働きがあるので、アンチエイジングを兼ねた大人ニキビのスキンケアには欠かせない成分です。肌の若さを保つのは見た目年齢だけでなく、ニキビなどの肌トラブルにも負けない健康な肌作りとして重要ですね。

コメントは受け付けていません。