大人ニキビのセルフケア!できるタイミング別のコツを伝授

大人ニキビができるのは季節やホルモンの周期など、特定のタイミングがありますよね。ニキビは皆さんご存知のように作らないことが基本。大人ニキビができやすいタイミングを把握して上手なスキンケアを始めましょう。

季節ごとに注意したい大人ニキビのスキンケアのコツ

季節によって空気の乾燥や湿度が異なり、肌にも色々な影響を与えています。冬は乾燥しやすいので、大人ニキビケアは保湿を重点的に行いましょう。日中だけでなく寝ている間の肌の乾燥も深刻なダメージを与えるので、加湿器を寝室に置いたり濡れた洗濯物を室内に干すなど湿度調整を意識してください。

スキンケアではクリームや乳液でしっかり油の膜を張り、角質層から水分が蒸発しないように予防してください。夏のスキンケアは保湿も大切ですが、注意したいのが紫外線。大人ニキビがシミになってしまう可能性もありますので、外出する際は必ずUVケアを行ってくださいね。

生理周期に合わせたスキンケアのポイント

生理前になるとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が活発になり、皮脂の分泌が多くなります。こんな肌の状態が続くとトラブルが起こりやすくアゴやフェイスラインなどにニキビができますよね。

生理周期に合わせたケアは大人ニキビができやすい部位を中心に保湿をすること。ホルモンバランスが不安定になりはじめる生理2週間前ほどから、普段よりも多めの保湿ケアを意識してください。

また生理前は食欲が旺盛になり甘いものなどを食べ過ぎてしまうこともありますよね。大人ニキビ予防のためにも、生理前の食生活は野菜中心にするなど肌によい栄養補給をしてください。

寝不足の翌朝にニキビを作らない方法

睡眠不足の翌朝は鼻の下や口の周辺などにニキビができやすいですよね。一番良いのは早寝早起きをすることですが、どうしても深夜になってしまう時は早めにメイクオフをしてしっかり洗顔と保湿をしておきましょう。

睡眠不足は肌の免疫力を低下させる原因にもなりますので、ニキビができやすく治りも悪い特徴があります。深夜過ぎに寝た場合はニキビができるリスクは高いのですが、時間が短くても質の良い睡眠を取ればニキビのトラブル回避は可能です。

ぐっすり寝る為の寝酒を避けることと、寝る直前の食事も胃腸機能を低下させる原因なので注意。遅くに寝る場合は十分なスキンケアと寝つきが良くなる睡眠環境を整えることがポイントです。

コメントは受け付けていません。